Three Outlaw Samurai (1964) / 三匹の侍

テレビドラマ版の人気を受けて制作され、第1シリーズ放映終了後の1964年5月13日に公開。五社英雄の初監督映画。ストーリーはテレビドラマ版の第1シリーズ第1話『剣豪無宿』をベースにしている。キャスト:丹波哲郎、平幹二朗、長門勇

・ amazon : Three Outlaw Samurai (1964) / 三匹の侍
・ amazon prime : Three Outlaw Samurai (1964) / 三匹の侍
・ U-NEXT : Three Outlaw Samurai (1964) / 三匹の侍
・ Hulu : 三匹の侍 (1964) / Three Outlaw Samurai
・ Youtube : 三匹の侍 (1964) / Three Outlaw Samurai

Three Outlaw Samurai (1964) / 三匹の侍 のあらすじ

浪人・柴左近(丹波哲郎)は、一人旅の途中に立ち寄ったある村で、折からの凶作と代官・松下宇左衛門(石黒達也)の圧政に苦しめられている百姓たちに出会う。年貢の減免を代官に交渉しようと、甚兵衛(藤原釜足)、五作(今橋恒)ら三人の百姓が代官の娘の亜矢(桑野みゆき)を人質にして水車小屋に立てこもっていた。

最初は高みの見物を決めこんでいた柴だったが、騒動に巻き込まれる形となり、成り行きで百姓たちに加勢。代官は娘を取り返すため、用心棒の桔梗鋭之介(平幹二朗)と浪人・桜京十郎(長門勇)らを水車小屋へ差し向けるが、柴から事情を聞かされた百姓出身の桜は寝返って百姓側につく。

騒ぎの果てに、柴は百姓三人の罪は問わないことを条件に亜矢を代官に返し、首謀者として自ら捕えられるが、代官は百姓が藩主に直訴することを恐れ、浪人(織本順吉、保科三良)たちを使って密かに三人の百姓を殺害。柴も拷問にかけられてしまう。半死半生となった柴は亜矢と桜に救出され、江戸から帰って来る藩主の大名行列が通過する道で百姓たちに強訴させようという計画を立てて水車小屋に潜む。

当初は一連の動きを第三者的立場でクールに眺めていた桔梗だったが、百姓との騒動を藩主に知られたくない代官が全ての関係者の口を封じるために差し向けて来た浪人(佐藤京一)らに女郎屋で襲撃を受け、愛人であった女郎屋の女将(三原葉子)をも殺されたことで柴に加勢。が、惚れた百姓女・おいね(木村俊恵)を人質に取られてしまった桜が、柴たちの居所を代官に喋ってしまう。

やがて藩主行列の先触れとして代官屋敷に到着した大内(青木義朗)が代官から事情を聞き、柴たちを始末するべく手勢を率いて水車小屋を襲撃。拷問の傷がまだ癒えない柴と女郎屋での不意打ちで傷を負っている桔梗は多勢に無勢もあって大苦戦。

一度は柴たちを見捨てて、おいねと共に村を出た桜であったが、自責の念にかられ、おいねの制止を振り切って村へ引き返し、柴たちの元へ駆けつける。三匹の侍は力を合わせて敵に立ち向かう。死闘の末に大内を倒した柴は単身で代官屋敷に乗り込むが…。

関連記事

  1. Sanjuro (1961) / 椿三十郎

  2. Samurai Rebellion (1967) / 上意討ち 拝領妻始末

  3. Harakiri (1962) / 切腹

  4. Yojinbo (1961) / 用心棒

  5. Goyokin (1969) / 御用金

  6. Tenchu! (1969) / 人斬り

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。