Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か

『必殺!III 裏か表か』(ひっさつ! スリー うらかおもてか)は、1986年に公開された松竹株式会社・朝日放送・京都映画撮影所(現・松竹撮影所)の制作の映画である。監督は工藤栄一。
設定はテレビシリーズ『必殺仕事人V・激闘編』の後日談となっている。

 ・ amazon : Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か
 ・ amazon prime : Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か
 ・ Hulu : Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か
 ・ U-NEXT : Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か
 ・ dTV : Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か
 ・ Youtube : Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か

Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か

ある日、両替商・枡屋仙右衛門(成田三樹夫)を強請っていた八丁堀同心・清原英三郎(川谷拓三)が謀殺される。その夜、通夜の席から行方を眩ましていた清原の妻おこう(松坂慶子)は、両替商組合肝煎・真砂屋徳次(伊武雅刀)を問い詰め、夫殺しの黒幕が徳次ら両替商組合であることを知る。

主水は清原とも関係のあったおしの(山田スミ子)から、枡屋に預けた20両の利息の取立てを頼まれて枡屋を訪れるが、枡屋は清原殺しをほのめかして逆に主水を脅す。

一方、枡屋をクビになり一家心中した彦松(岸部一徳)の無念を憂いた政は、主水に枡屋から墓代をふんだくるように頼むが、再び枡屋を訪れた主水の前に現れたのは真砂屋徳次であった。

能面顔で嘯く徳次に、主水は薄ら寒さと怒りを感じながらもその場を立ち去る。その帰り道、手練の刺客たちに命を狙われたのを手始めに、真砂屋の仕掛けた罠にじわじわと追い詰められていく主水。

そんな主水に、先代両替商組合肝煎の娘として今は店を受け継いだおこうが、金を牛耳る者の強さと恐ろしさを説き、一件から手を引くよう忠告するが、夫の仇の仲間となったおこうに主水は反発する。

やがて、真砂屋が少女の命を殺めてまで自分を罠にはめたことを知ると、主水の怒りは頂点に達し、男の意地をかけた主水と真砂屋の私闘は、仕事人たちを巻き込みながら、想わぬ結末へと向かっていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Sure Death 4: Revenge (1987) / 必殺4 恨みはらします

  2. Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。