江戸を斬る 西郷輝彦 1975-1981 TBS

江戸を斬る(えどをきる)は、TBS系で月曜20時~20時54分の『ナショナル劇場(現・パナソニック ドラマシアター)』で放送された時代劇のタイトル。本項では、西郷輝彦が主演し、松坂慶子がヒロインを演じた第2部~第6部について説明する。
北町奉行(第2部最終回以降は南町奉行)・遠山金四郎と、普段は魚屋の娘だが剣の達人であり、紫頭巾として活躍するおゆき(実は徳川斉昭の娘・雪姫)が主役。遠山金四郎を西郷輝彦、ヒロインのおゆきを松坂慶子が演ずる。
[embed_youtube id=’Z_EwQVkBdx4′ width=’420′ height=’345′].

大岡越前 加藤剛 1970-1999 TBS

『大岡越前』(おおおかえちぜん)は、1970年 – 1999年にTBS系の『ナショナル劇場(現・パナソニック ドラマシアター)』で月曜20時から20時54分に放送されたテレビドラマ。「水戸黄門」、「江戸を斬る」と交互に放送され、約30年の間月曜20時を支えたTBSの看板番組である。
制作はC.A.L。全シリーズ一貫して加藤剛主演(全402話+スペシャル1本)。江戸南町奉行大岡忠相を主人公とした日本の時代劇である。
「大岡越前 第1部」(おおおかえちぜん だい1ぶ)は1970年3月16日から1970年9月21日までナショナル劇場で放送された時代劇。製作はC.A.L.。全28話。
・大岡忠相:加藤剛
・榊原伊織:竹脇無我
・雪絵:宇津宮雅代(第4話から)
・千春:土田早苗
・加代:武原英子
・徳川吉宗:山口崇
・村上源次郎:大坂志郎
・大岡妙:加藤治子
・大岡忠高:片岡千惠藏

[embed_youtube id=’GvIZEObCfzM’ width=’420′ height=’345′]

Amazon.co.jp : 大岡越前 DVD-BOX
大岡越前 第一部 [DVD]
大岡越前 第二部 [DVD]
大岡越前 第三部 [DVD]
大岡越前 第四部 [DVD]

.

必殺仕掛人 緒方拳 1972-1973 TBS-松竹

『必殺仕掛人』(ひっさつしかけにん)は、必殺シリーズの第1作目である。朝日放送(ABC)と松竹の共同制作により1972年9月2日から1973年4月14日にかけて、毎週土曜日にTBS系列(現在とネットワーク編成が異なる)で放映された時代劇。全33話。
人足口入稼業の音羽屋半右衛門を元締に、浪人剣客の西村左内、針医者の藤枝梅安の仕掛人(殺し屋)チームが金をもらい、人でなしどもを抹殺していく。
 本作は『仕掛人・藤枝梅安』とその基になった短編「殺しの掟」(短編集『殺しの掟』に収録)を原作としている。
当時、時代劇はフジテレビの『木枯し紋次郎』が躍進しており、朝日放送はその対抗策として池波正太郎作品を原作とした番組企画を立てる。 
キャスティングは、浪人・西村左内に林与一、針医者・藤枝梅安に緒方拳、元締・音羽屋半右衛門に山村聰。

[embed_youtube id=’Aes3rBi9f4Q’ width=’420′ height=’345′]