子連れ狼 萬屋錦之介 1973-1976 日本テレビ-スタジオシップ

『子連れ狼』(萬屋錦之介版)は、日本テレビ系列で、小池一夫と小島剛夕の手になる子連れ狼を原作に、これを三部に分けて1973年から1976年の約4年間にわたり放映されたテレビ時代劇である。

この番組は、原作の段階で既に高い人気を誇っていたが、第1部・第2部で主人公・拝一刀の息子・大五郎を演じた、西川和孝の演技(特に大五郎が一刀に「ちゃん」と呼び掛けるシーン)が評判を呼んだ。

[embed_youtube id=’JEREGFspS4Q’ width=’420′ height=’345′]

ストーリー: 柳生一族の手により妻・薊(あざみ)を失い、遺された息子・大五郎と共にさすらいの旅に出た、水鴎流剣術の達人で胴太貫を携えた元・公儀介錯人拝一刀(おがみ いっとう)の物語。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です