必殺仕掛人 緒方拳 1972-1973 TBS-松竹

『必殺仕掛人』(ひっさつしかけにん)は、必殺シリーズの第1作目である。朝日放送(ABC)と松竹の共同制作により1972年9月2日から1973年4月14日にかけて、毎週土曜日にTBS系列(現在とネットワーク編成が異なる)で放映された時代劇。全33話。
人足口入稼業の音羽屋半右衛門を元締に、浪人剣客の西村左内、針医者の藤枝梅安の仕掛人(殺し屋)チームが金をもらい、人でなしどもを抹殺していく。
 本作は『仕掛人・藤枝梅安』とその基になった短編「殺しの掟」(短編集『殺しの掟』に収録)を原作としている。
当時、時代劇はフジテレビの『木枯し紋次郎』が躍進しており、朝日放送はその対抗策として池波正太郎作品を原作とした番組企画を立てる。 
キャスティングは、浪人・西村左内に林与一、針医者・藤枝梅安に緒方拳、元締・音羽屋半右衛門に山村聰。

[embed_youtube id=’Aes3rBi9f4Q’ width=’420′ height=’345′]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です