When the Last Sword Is Drawn (2003) / 壬生義士伝

浅田次郎の同名ベストセラー小説を「陰陽師」の滝田洋二郎監督&豪華キャストで映画化。幕末の新撰組を舞台に男同士の確執と友情、家族のきずなを描く人情時代劇。
監督:滝田洋二郎
キャスト:中井貴一、佐藤浩市、塩見三省、野村祐人、堺雅人ほか
・ amazon : 壬生義士伝 (2003) / When the Last Sword Is Drawn
・ amazon prime: 壬生義士伝 (2003) / When the Last Sword Is Drawn
・ Hulu : 壬生義士伝 (2003) / When the Last Sword Is Drawn
・ UNEXT : 壬生義士伝 (2003) / When the Last Sword Is Drawn
・ Youtube : 壬生義士伝 (2003) / When the Last Sword Is Drawn

壬生義士伝 (2003) / When the Last Sword Is Drawnのあらすじ

明治三十二年、東京市。冬のある夜、満州への引っ越しを間近に控えた大野医院に病気の孫を連れてやってきた老人・斎藤一(佐藤浩市)は、そこにかつて新選組で一緒に戦った隊士・吉村貫一郎(中井貴一)の写真を見つける…。盛岡の南部藩出身の貫一郎は、純朴な外見に似合わない剣術の達人であった。が、その一方で名誉を重んじ死を恐れない武士の世界に身を置きながら、生き残ることを熱望し、金銭を得るために戦った男でもあった。全ては、故郷で貧困に喘ぐ家族のため。脱藩までして新選組に入隊した彼には、金を稼ぎ、愛する家族のために生き残る必要があったのだ。斎藤はそんな貫一郎を嫌ったが、反面、一目置くところもあった。時が過ぎ、大政奉還。一転して賊軍となった新選組は、官軍の制圧に遭い壊滅状態に陥る。ところが、貫一郎だけは脱藩で裏切った義を二度と裏切れないと、たったひとりで最後まで戦い抜いた。そして、傷ついた彼は大阪蔵屋敷の差配役として赴任していた幼なじみの大野次郎右衛門の情けで、官軍に引き渡されることなく、故郷を想いながら切腹したのだった。思いかけず、次郎右衛門の息子・大野千秋から、気になっていた貫一郎の最期を聞くことが出来た斎藤。彼は、貫一郎の娘で今は千秋の妻となった小児科医・みつの診断を終えた孫を連れ、夜の道を帰っていった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Hana no ato (2009) / 花のあと

  2. Yamazakura (2008) / 山桜

  3. Dora-heita (2000) / どら平太

  4. The Hidden Blade (2004) / 隠し剣 鬼の爪

  5. After the Rain (2000) / 雨あがる

  6. Zatoichi (2003) / 座頭市

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。