Chiri-Tsubaki (2018) / 散り椿

直木賞作家・葉室麟の時代小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。妻の願いを叶えるために故郷へ戻った男が、不正をただすための戦いに挑む姿が描かれる。カメラマンとして数々の名作を手がけてきた名匠・木村大作が3度目の監督業に挑戦。『蜩ノ記』などでメガホンを握った小泉堯史が脚本を務める。

 ・ amazon : Chiri-Tsubaki (2018) / 散り椿
 ・ Youtube : Chiri-Tsubaki (2018) / 散り椿

Chiri-Tsubaki (2018) / 散り椿のあらすじ

享保15年。藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追われた瓜生新兵衛(岡田准一)。追放後も連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとするなか、最期の願いを新兵衛に託す。それは、藩に戻って榊原采女(西島秀俊)を助けてほしいというものだった。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバル、篠を巡る恋敵であった。そして新兵衛の藩追放に関しても、大きな因縁を持つ男……。妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は藩の過去の不正事件の真相と、その裏に隠された篠の本当の思いを突き止めようと決意。篠の妹・坂下里美(黒木華)とその弟・藤吾(池松壮亮)は、故郷へ戻った新兵衛に戸惑いをみせるが、亡くなった篠を一筋に想う姿や、不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。そんななか、ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙する。そこで過去の事件の真相や、妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた真実を知る新兵衛。だが、その裏で大きな力が新兵衛に襲いかかろうとしていた……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 13 Assassins (2010) / 十三人の刺客

  2. Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺

  3. The Kiyosu Conference (2013) / 清須会議

  4. Samurai Hustle (2014) / 超高速!参勤交代

  5. Inemuri Iwane (2019) / 居眠り磐音

  6. Bushido (2013) / 蠢動 -しゅんどう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。