Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺

藤沢周平の作品群の中でもとりわけ評価の高い、同名時代小説の映画化。同じく藤沢作品を原作にした『山桜』以来、篠原哲雄監督と東山紀之が2度目のタッグを組み、過酷な運命に翻弄される人々のドラマを描き出す。
キャスト:東山紀之、菊地凛子、勝地涼、片岡愛之助

 ・ amazon : Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺
 ・ amazon prime : Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺
 ・ Hulu : Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺
 ・ U-NEXT : Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺
 ・ dTV : Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺
 ・ GYAO : Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺
 ・ Youtube : Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺

Ogawa no Hotori (2011) / 小川の辺のあらすじ

海坂藩士、戌井朔之助(東山紀之)は直心流の使い手としての腕を買われて、家老の助川権之丞(笹野高史)から、ある藩命を受ける。それは、親友である佐久間森衛(片岡愛之助)を討つことだった。藩主への上書によって藩の農政を痛烈に批判した佐久間は、謹慎処分を受けた後、妻の田鶴(菊地凛子)を連れて脱藩していたのだ。朔之助が受けた藩命は、佐久間に対する裁きだった。民を想って正論を訴えた友を斬らねばならないのか……。朔之助の心は揺れる。しかも佐久間の妻、田鶴は朔之助の妹。幼い頃から負けん気が強く、自身も直心流の使い手である田鶴は、武士の妻として手向かってくるに違いなかった。戌井家の家長である朔之助に対し、妹を斬ってでも主命に従えと諭す父の忠左衛門(藤竜也)と、涙を流す母の以瀬(松原千恵子)。妻の幾久(尾野真千子)は朔之助の身を案じながらも、気丈に振る舞う。翌朝、朔之助は幼い頃から兄弟のように育ち、田鶴への想いを秘めた奉公人、新蔵(勝地涼)とともに江戸へ向けて旅立つ。やがて見つけた佐久間の隠れ家は、兄妹と新蔵が幼い頃に遊んだような下総の小川の辺にあった。遂に向き合う朔之助と佐久間。幼い頃より築き上げてきた絆が、無情にも引き裂かれようとするとき、彼らが選んだ道とは……。(Movie Walker)

  • コメント: 0

関連記事

  1. Inemuri Iwane (2019) / 居眠り磐音

  2. Sword of Desperation (2010) / 必死剣 鳥刺し

  3. The Kiyosu Conference (2013) / 清須会議

  4. 13 Assassins (2010) / 十三人の刺客

  5. The Floating Castle (2012) / のぼうの城

  6. Samurai Hustle (2014) / 超高速!参勤交代

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。