Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU

『必殺! THE HISSATSU』(ひっさつ! ザ ヒッサツ)は、1984年に公開された松竹株式会社・朝日放送・京都映画撮影所(現・松竹撮影所)の制作の映画である。監督は貞永方久。
「必殺シリーズ」通算600回記念として製作された作品。『必殺仕事人IV』をベースに、シリーズの特色である殺しの様式美やバラエティ色などをバランスよく配分し、テレビシリーズの豪華拡大版といった趣きの強い作品.
キャスト:藤田まこと、三田村邦彦、中条きよし、山田五十鈴、菅井きん、鮎川いづみ

 ・ amazon : Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU
 ・ amazon prime : Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU
 ・ Hulu : Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU
 ・ U-NEXT : Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU
 ・ dTV : Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU
 ・ Youtube : Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU

Hissatsu: Sure Death (1984) / 必殺! THE HISSATSU

江戸市中で六文銭を口に咥えた身元不明の死体が次々と見つかった。それらが仕事人の成れの果てだと見抜いた主水は仲間達に警告。おりくはことの次第を確かめるため江戸を離れ上州へと向かう。
そんななか、遊女お君が女郎屋の主・伝次殺しを加代に依頼してくるが、伝次に殺された愛猫の恨みを晴らしたいが為と分かり、主水達はその依頼を断る。
その夜、お君は偶然出会った朝之助に促され愛猫の通夜をするが、伝次の密談を聞いてしまい、伝次の放った手裏剣で命を落とす。
お君への憐憫の情から伝次を仕掛けに向かう秀であったが、そこへ蝶々を飛ばす仕事人が突然現れ、先に伝次を仕留めてしまう。
一方、主水の前にお葉という女が現れ、金儲けをちらつかせて六文銭一味に加わるよう主水を誘惑し、明日の祭で何かが起こることを予告する。
そして祭の日、柳橋のお甲を中心とする仕事人達が、主水達の目の前で奇妙な御輿を担ぐ黒衣の集団に次々と殺され、唯ひとり瓦職人の政が生き残る。
上州から戻ったおりくによって、一連の仕事人殺しの黒幕が庄兵衛という男であることが分かり、おりくらは庄兵衛に接触。しかし庄兵衛はおりくたちに、闇の世界から足を洗うか、江戸から立ち去るか、さもなくば六文銭を咥えて死ぬか、と選択を迫った。
庄兵衛との戦いに備えて、助っ人を探すおりくたち仕事人であったが…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Sure Death 4: Revenge (1987) / 必殺4 恨みはらします

  2. Hissatsu: Sure Death 3 (1986) / 必殺!III 裏か表か

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。