Zatoichi (2003) / 座頭市

『座頭市』(ざとういち)は、2003年に製作された北野武監督、ビートたけし主演の日本映画。

北野武初の時代劇であり、盲目というハンデキャップを背負った謎の侠客「市(いち)」の活躍を描いた作品。勝新太郎の代表作である時代劇『座頭市シリーズ』を題材にしたが、「盲目でありながら居合抜きの達人」という座頭を主役にしている設定以外、子母澤寛が執筆した原作や前述のシリーズとは全く関連が無いオリジナルである。

日本国内の観客動員数は200万人で、北野映画最大のヒット作となった。

・ amazon : Zatoichi (2003) / 座頭市

Zatoichi (2003) / 座頭市のあらすじ

盲目の剣客である市(ビートたけし)が、とある宿場町にやって来た。その町はやくざの銀蔵一家に支配され、人々は苦しい生活を強いられていた。偶然知り合ったおうめの家に厄介になることになった市は、賭場にておうめの甥である遊び人の新吉と出会う。博打に勝った二人は、金を狙った芸者の姉妹(弟)に襲われそうになる。二人はある商家の子供だったが、幼少時に盗賊に両親を殺害され、その親の仇を探して旅をしていると打ち明ける。一方、脱藩して職を失った浪人・源之助夫妻もまたこの町に流れ着き、彼は剣術の腕を買われて銀蔵一家の用心棒を務めることになる。町の飯屋で市と源之助は出会い、互いに相手の剣術の凄さを見抜くのだった。

ある日、市は賭場の博打のイカサマを見抜いたことから、やくざと大殺陣を演じてしまう。やがて姉妹の親の仇が銀蔵と扇屋の主人だと判明し、姉妹は復讐を遂げるために銀蔵の家に乗り込む。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Hidden Blade (2004) / 隠し剣 鬼の爪

  2. When the Last Sword Is Drawn (2003) / 壬生義士伝

  3. Yamazakura (2008) / 山桜

  4. The Twilight Samurai (2002) / たそがれ清兵衛

  5. Dora-heita (2000) / どら平太

  6. After the Rain (2000) / 雨あがる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。